TOP > 自社の強みを探す

自社の強みを探してTOPページで目立つように記載

自社の強みの探し方

その① ライバルに勝っている所を3つ挙げる

自社のサービスや商品がライバルに対して勝っている所を3つ挙げましょう!これがすぐに答えられる方は、ほぼネットでの集客戦略は成功します。いつもライバルとの差別化を図っているわけですからリアルの商談でも、お客様の気持ちに添った、ライバルとの対比がどこにあるのかといった、上手な説明をしているはずです。

その② ライバルに負けている所を3つ挙げる

これは気分の悪い質問ですね。これを3つ挙げる理由は「弱い所から目をそむけてはイケナイ」といったユルイ精神論ではありません。認識しているウィークポイントは大抵それを払しょくするための策を打っている事が多いので、結局強みになっている事が多いのです。

駐車場の無い美容院の例。これは結構な弱みです。ところが、お客様の送迎を実施しているとしたら。これは大きな強みになるのです。すなわちインターネットだから特別な事を表示するわけではなく、普段工夫している事柄でお客様の心に響くようなものをピックアップすれば良いのです。

ホームページは比較されている

一つのホームページで結論を出さない

自分自身を振り返っていただけば納得していただけると思いますが、ネットで何かを探している時、まず一つのサイトで結論を出す事はありません。まずは検索結果の一番に表示されたページを少し読み、次に二つ目のサイトを訪問し、「同じような内容だな」などと思いながら、次第に面倒になってきて、検索結果のタイトルを拾い読みし、心にはまるサイトを二三個見るのがごく一般的な行動となります。

比較できる情報を見やすく掲載すれば勝てる!

すなわち、ライバルに対して勝っている部分を分かりやすく公開するのが、一番賢いホームページの作り方となります。案外できていないサイトが多いのです。だからみなさん「どこのホームページも同じような事ばかり書いてる」という感想を持つようになります。私たちは長所をシンプルにPRして勝ち組になりましょう。

TOPページで勝負が決まる!

全ページ見ない

これも自分自身を振り返っていただけば納得していただけると思いますが、訪問したサイトの全ページを見る人は皆無です。だって検索結果にはたくさんのサイトがあるのですから、まずはTOPページをチラっとみて、自分の希望がかなうサイトか否かを判断したいのです。

スクロールもしない

TOPページが気に入ってもらえるまでは、スクロールもしてもらえません。ですからTOPページが開いて、スクロールさせない部分に長所をPRするべきなのです。

TOPページがうまくできているか否かは友人に聞くのが一番!

ホームページがいったん完成したら、まずはあなたの会社をよく知らない方に、TOPページを15秒見せて、「どんな会社か分かる?」という質問と「どんなところが他社より優れているか分かった?」という二つの質問を投げかけてください。

その結果。恐ろしい位、自分の努力が実っていない事を気づかされます。そこで、友人の意見を真摯に受け止めて、何度もTOPページを作り替えておいくのが成功への最短コースとなります。

トップページに戻る